love jewelry

 

 

宝石の選び方

宝石にはいろんなパワーが秘められているといいます。なんだかうまくいかないとき、つかれているとき、宝石のチカラを信じてみるのもいいかもしれません。

アイコン 内面を磨きたい人へ
アイコン 長生きしたい人へ
アイコン 新しいことに挑戦したい人へ

 

内面を磨きたい人へ

アイコンパール 石言葉『長寿』『清楚』『純粋』

月の雫と形容される真珠は厳密に言うと宝石ではないものの、古代エジプトや中世紀西洋の王や貴族から好まれていた。アラビアでは古代より神々の涙として崇めていたそう。

万病の薬として用いられた歴史があることから、真珠には不老長寿の力が宿るとされている。
月そのものにも見える真珠には月からダイレクトにエネルギーを与えられるとされ、気品を感じさせながらも無邪気で明るい輝きを放ち、持つ人の年相応な女らしさや上品な魅力を最大限に引き出してくれる。

男性が持てば堂々たる威厳を持つ、人の上に立つ者としての権威を示すことで、協調性を高める宝石である。

真珠には天然・養殖・人工があり、日本最大の天然真珠は2cmほどにもなる。
真珠の成り立ちは、貝の体内に入った異物を無害にしようと貝と同じ成分の真珠層(炭酸カルシウム)で何層にも包むという生体反応によって生まれる。

真珠は石ではないので硬度は極端に低く、また酸に弱いので汗をかきやすい人はやわらかい布で拭くなどして扱わなくてはならない。装着したままで風呂に入ってしまうと品質変化を確実に起こすので、取り扱いには十分に注意しなくてはならない大変デリケートなお守り。

パールの由来はラテン語の『ペルナ(貝の一種)』からきている。

アイコンクリソコーラ 石言葉『発展』『成功』『繁栄』

日本ではあまり知られていないが、古代ヘブライのソロモン王に愛された石としてその歴史は古い。トルコ石に似ていて、淡い青緑色の不透明な宝石。

アメリカでは、仕事のお守りとして人気急上昇だとか。

クリエイティブで自分の手から物を作り上げる人向きの石で霊的パワーとも言えるほどの直感的なアイディアをもたらす。
クリソコーラの硬度同様に、固くなった頭や張りつめた心を和らげてくれる。まわりから一匹狼と疎まれたり我が強いと思われがちな人に温和さを授け、人とのやりとりの中でも心と頭をリラックスさせて、人脈を広げることでさらに仕事の成功へとつなげやすくしてくれるパワーを持つ石。

アイコンTOPへアイコン

長生きしたい人へ

アイコンアンバー(琥珀) 石言葉 『繁栄』『清浄』『安定』

東西ともに太陽神の宿る宝石として重宝された石。

太陽の炎は不浄のものを焼き尽くして自然のパワーで浄化する力があり、悪縁を振り払って持つ人に幸運をもたらすとされる。太陽の穏やかな光で高ぶった精神を安定させ、まだ目覚めぬ力を呼び覚ます。

アンバーは手の平の上の体温で温められると独特のいい香りを放ち、その香りでさえも魔や呪いを振り払うパワーがあるとされた。

日本では治療にも使われ、延命・不老長寿を約束する石として伝承されている。
また言い伝えでは八百万の神々は自らの力を限界以上に高めるために身につけていたそう。

アイコンサファイア 石言葉『聖』『恩恵』『英知』『貞節なる愛』

ルビーと同じコランダムという鉱物で、赤のみをルビーとしてその他の白・黄・緑・黒・ピンク・オレンジなどをサファイアと称していている。

サファイアの奥深い青は天上界の色とされ、古代から神の知識・神々の恵や祝福を我が物とし、神への服従をも意味したサファイアは聖職者たちに好まれる石であった。

青いサファイアは純なる貞節の愛を象徴し、贈る側や贈られる側が浮気をしてしまうとそのサファイアの澄んだ輝きはたちまちくもるという。そのため、恋人に捧げるのに最適な石といえる。

ネックレスやペンダントに用いると恋人たちを結婚へと、ストラップなどにして腰からぶら下げると恋人募集中の人の性的魅力をアップさせて異性を呼び集め、子どもを望む夫婦が持つと子宝に恵まれる石として知られている。

また、持ち主を必ず王座へと『皇帝の石』としても有名な石。かのナポレオンも寄贈されて所有していたが、愛する妃ジョセフィーヌにゆずってしまったために追われる身となり孤島で息を引き取るはめになったと言われている。

アイコンTOPへアイコン

新しいことに挑戦したい人へ

アイコンクリソベル・キャッツアイ(猫目石) タイガーズアイ(虎目石)
   石言葉『予知能力』『叡智ある決断力』『神の眼』

本来キャッツアイとは、カボッションカット(円形)に研磨した宝石に光をあてると、一条の光の帯が浮かぶ『シャトヤンシー効果』を持つ石の総称のことである。

そのうちのクリソベルという鉱石の中に繊維状の結晶が無数含まれており、それが『シャトヤンシー効果』を生み出す石がクリソベル・キャッツアイといい、鉱石名はシモフェインという。これが一般的に言われているキャッツアイで天然物は非常に希少価値が高い。

同じ『シャトヤンシー効果』のあるタイガーズアイは水晶や瑪瑙と同じ石英という鉱物で、内部に石綿が繊維状に含まれている宝石で、クリソベル・キャッツアイよりも安価である。

2つとも全く違う宝石であるが、『眼』の力を宿すということで強弱の違いはあるものの効果は同じと考えられている。もちろんその力はクリソベル・キャッツアイのほうが絶大。

神や精霊が宿るために目のような光が現れるとされ、先を見通し不吉な相を見抜いて避け、呪いをはね返すと伝承されている。

予知能力や透視能力などを養い、さえある洞察力を促して迷う心を正しい道へと導く。信頼できる仲間や目上の人を自然と呼び集め、鋭い助言を授けてくれると言われている。

新しい道や計画を進める時に最適な守護石。

アイコンアベンチュリン 石言葉『平穏』『安定』『安泰』

水晶の仲間で、内部に微量の雲母結晶が含まれているために光を反射して輝いている石。

もともとはレッドアベンチュリンの方が一般的だったが、現在グリーンアベンチュリンの産出量が多く、レッドよりも定着しつつある。

とがった心を和らげ、素直さや従順さ、柔軟性を与えることで、より幸運の取り込みやすい環境を作ってくれる。

刺激的な恋に破れて疲れた人にオススメで、落ち着きのある恋愛を運んでくれることで有名。

自分に自信がなかったり、どうしても人付き合いのできない人や自律神経失調症の方にも効果的で、不安や取り越し苦労など、緊張して凍った心に温かい癒しをくれる。

新たな道を示して、常に前を向くという意識を持続させる心に優しい宝石。

recommend

天仙液の効き目を知る

最終更新日:2018/9/26

アイコンTOPへアイコン

 

 

 

topics

アイコン 宝石の歴史

アイコン 宝石の種類・誕生石

アイコン 宝石の選び方
アイコン 宝石の選び方2
アイコン 宝石お手入れ

 

 

Copyrightc2008