love jewelry

 

 

宝石の選び方

宝石にはいろんなパワーが秘められているといいます。なんだかうまくいかないとき、つかれているとき、宝石のチカラを信じてみるのもいいかもしれません。

アイコン 恋をしたい!という人へ
アイコン 悩み事を解消したい人へ
アイコン 不眠症になやんでいる人へ

 

恋をしたい!という人へ

アイコンローズクォーツ 石言葉『愛』『柔和』『情緒的安定』

やさしいピンク色の水晶で、美の女神アフロディーテの『愛の石』として親しまれている。

持つ人に魅力を与えて自信を持たせることによって、その石の持つ優しい波動が心豊かなやさしさ、明るい愛らしさ、セクシーさを呼び覚まし、外面のみならず内面の魅力をも向上させる。まさに恋愛向きの石。

また今まで人を好きになったことのない人が持つ、潜在的な愛する能力を内から解放し真実の愛に導く。そして愛する喜び、生きる喜びをも与えてくれるのである。

恋愛面だけでなく、仕事や勉強など人間と接する中にも人を引きつけてよき仲間、よき友、よき理解者を増やすパワーもあり、人間関係にお悩みの人にもおススメの石。

アイコンクリソプレース(アップル・グリーン)
  石言葉『安定』『生命力』『意志』『安心』 属する天体『金星』

明るい鮮やかなグリーンで、「オーストラリアひすい」と呼ばれて翡翠とよく似ているが、鉱物的にはめのうの仲間。

かの名王アレクサンダーが、財力を司る石として、大きなペンダントに加工して身につけて愛用していたと伝えられている。

精神的に作用するパワーが大きく、古来より無限の生命力の象徴とされている。精神に宿る潜在能力を呼び覚まし、創造力を養ったり、感情を安定させる力を備えているので、劇場をやわらげて緊張を解きほぐしたりストレスを解消する効果をもたらす。


ストレスによる神経衰弱の人や心に癒やしを求めている人に効果絶大の石。
今の自分を変えたいという人にも適した石で、本人も気付かない新しい自己を発見し発展させる奥深い神秘の宝石。

純で透明度の高いものであるほど価値が高い。 エメラルドも翡翠もそうであったように、古代から緑には神的パワーが宿っていると考えられていたよう。

アイコンTOPへアイコン


悩み事を解消したいという人へ

アイコンオパール 石言葉 『安泰』『希望』『無邪気』 

オパールの語源はサンスクリット語の『upala(宝の石)』からだそう。

愛と美を守護する天使キューピッドの石として有名で、持ち主の心にある愛情の大きさを反映しやすい宝石と言われている。
西洋では名のあるオパールが不幸をもたらしたり、ブラック・オパールの持つ妖艶とも言えるオーラから悲しみの石として嫌う文化もあるようだが、多くはその鮮やかな虹色が希望へと導くと考えられていて、オパールの独特の澄んだみずみずしい光沢は、物事を素直で純粋に見つめることのできる子供の心が宿る『神の石』として珍重されていた。

ホワイト・オパールは守護石としての意味合いが特に強く、優しいオーラの光で持ち主を悲しみに暮れさせないという。また、心を落ち着かせて先を見据える効力もあり、迷いを解決したい時に良きパートナーとなる。ホワイト・オパールのうち遊色効果の高いオパールをピーコック・カラー・オパール(孔雀の羽の色)と呼ばれ、特に人気が高い。

ファイア・オパールは、純粋さを取り戻させて心を明るくする。その色合いは心を穏やかに保てさせ、優しい心を植え付けると言われている。将来の目標が明確である人にオススメ。

妖しい輝きを放つブラック・オパールは、古代より富の象徴であるとされて人々に夢を与え続けた。人としての魅力を開花させ、人徳を得る石とされている。

他にも一番キューピッドの力を宿しているとされて日本で人気急上昇の、甘いピンクを基調としたピンク・オパールや表情を和らげる働きを持つ無色なウォーター・オパールなどもあり、色彩が幅広い宝石である。

アイコンTOPへアイコン

不眠症になやんでいる人へ

アイコンスモーキークォーツ(煙水晶) 石言葉 『堅実』『安定』『知性上昇』

褐色の水晶で『茶水晶』とも呼ばれる石。

自身を磨きたい、成長したい時に自己発見の助けとなって有効で、持ち主の心にある潜在的才能、エネルギーを解き放つ。弱い部分をこの石がカバーすることで、人の否定的な感情を内部から追い出し、外部からも寄せ付けない。

ストレスを感じている人には、心のヒーリング効果をもたらして精神状態を安定させる。 不眠症の人にオススメ。

地に足のついた現実的で落ち着いた考え方へと導かせ、持ち主の夢を現実のものにするパワーを秘めている。

また、会議や商談、客商売の対応に対して、的確な判断で処理する能力を与えてくれるので、仕事の成功を約束してくれる。新しい道に踏み込んだ人に正しい道を照らす灯火となる守護石になる。

アイコンフローライト(蛍石) 石言葉『潤滑』『対応力上昇』『安定』

火の中に入れたり、紫外線を当てたりすると蛍の光のように輝くことから『蛍石』と呼ばれている石。宝石の中でも一番様々な色のバリエーションを持つ。石に宿るパワーは色によって違うが、共通する効果は浄化と結合の作用。

周りや自身の内部から生じるマイナスエネルギーを清め、過剰に放出するエネルギーを調節し、不足気味の時にその分を補うことで心や頭脳を合理的に活性する役割を果たす。

クリアフローライト(無色透明)は、ありとあらゆるマイナスイメージを清めて心の不安やおそれをうち消し、正しい判断へと導く。

パープルフローライトは、思考・判断・創造などの知的能力を高め、新しいものを生み出す力を授けてくれる。

ピンクフローライトは、持ち主の優しさや穏やかさという魅力をさらに磨き上げ、人として異性に見せる魅力をアップさせる。また持ち主の弱い部分を補うパワーを持ち合わせている。

もともと黄色という色には太陽のパワーを秘めていると言われていることから、イエローフローライトには行動を抑制するネガティブな心を消し去ってポジティブへと変換し、決断力を高めて活動へと結びつける効力がある。

グリーンフローライトは、持ち主の心を寛大にし、激情などの心の乱れを安定させ、ストレスを解消して精神をリフレッシュさせる。

フローライトの中には1つのカットに2つのカラーが調和しているものもあり、こういった石をパーティーカラードと呼ばれてその力は相乗の効果があるそう。

ダイヤモンド詳細 - Wikipedia

Favorite

ジッポーの販売
http://www.zippo-flamingo.com/

Last update:2015/3/19

アイコンTOPへアイコン

 

 

 

topics

アイコン 宝石の歴史

アイコン 宝石の種類・誕生石

アイコン 宝石の選び方
アイコン 宝石の選び方2
アイコン 宝石お手入れ

 

 

Copyrightc2008